二歳差育児が辛すぎる。産後1年に育児ノイローゼ状態で書いた記事

最初にお知らせしておきます。

二歳差で二男を出産してから約1年、育児が辛い状況のなかで書いた記事なので、ネガティブな表現が多く、読むと暗い気持ちになると思います。

また、この記事は私個人の経験から感じたことであり、現在育児ノイローゼ気味なので考え方が偏っていると思います。

親として、子育てのネガティブな記事を書くことには抵抗がありますが、それでも記事にした理由は、数年後にはきっと忘れているこの辛い感情を、育児真っただ中の今、言葉にして残しておいた方がいいような気がしたからです。

二歳差育児でノイローゼになる理由(実体験による)

つい最近まで 「二歳差育児 辛い二歳差育児 無理二歳差育児 いつになったら楽になる男の子 二歳差」のワードでスマホ検索をする毎日でした。

二歳差育児のメリットや、おすすめする記事をみると「絶対に違う。その人の子どもが育てやすかっただけだ。」と正直思ってしまいます。(長男3歳、二男1歳1ヶ月現在)

もちろん子供は愛おしく、自分の命よりも大切な存在です。心からそう思っています。いつかは二歳差で産んでよかったと思う日がくるんだと思います。

それでも私がおすすめ記事を否定する理由は、二男が生まれてから約1年、ほとんどの間、育児ノイローゼ状態だったからです。大泣きする二人を車に乗せて移動中、このまま事故ったらどうなるだろう…。と何度も頭をよぎりました。一歩間違えれば最悪の事態になっていたと思います。その寸前までいきました。

とにかく大変すぎて思考回路がおかしくなりました。

2歳児(イヤイヤ期+赤ちゃん返り)と0歳児のお世話を1人でするのは無理

長男が1歳半から3歳にかけてのいわゆるイヤイヤ期。個人差もあると思いますが、こんなに大変だとは思いませんでした。そのタイミングで生まれた二男。はじまるイヤイヤ期+赤ちゃん返り。それに新生児のお世話が加わります。

睡眠不足、ホルモンバランスが崩れている状態での育児。私の場合は、産後1ヶ月間は遠方に住んでる両親に来てもらい、義理両親のサポートもあり、なんとか乗り切りました。

長男が公園や児童館から帰る際に「帰りたくない」と大泣きすることも、手を洗っている最中にはじまる水遊びも、2~3時間おきに授乳が必要な0歳児と一緒に付き合わなくてはいけないということは想像以上に過酷でした。

二男が生まれて数ヶ月は、生活が大変すぎて、前日や数時間前の記憶が飛んでいました。人と会話をしててもとっさに言葉が出てこないことが多く「私大丈夫かな?」と心配になりました。二人育児に頭が追い付いていませんでした。

2人の子供と24時間ずっと一緒

現在私は専業主婦で、長男は来春から3年保育の幼稚園に入園予定です。

大人1人で子供2人とずっと一緒にいることは想像以上に過酷です。

数年後、子供と離れる時間を持てるようになったら、この時期のことを貴重で幸せな時間だったんだと思えるかもしれません。でもその時はそうは思えませんでした。

毎日怒鳴ってばかりの自分が情けなくて、子供達に申し訳なくて、長男の幼稚園入園まで妊娠を待てばよかったんじゃないか…。と心のどこかで思ってしまいました。そんなことを考えてしまう自分を責める毎日でした。

長男が二男のお世話を邪魔する

オムツ替え
二男のオムツ替えを「やりたい」と言う長男。
でもまだ2歳の長男には出来ません。「ママがやるから見ててね。」と言っても納得してくれるはずもなく、ベビーベッドでオムツ替えをする私によじ登り、なんとかして手伝おうとします。13kgの長男を抱えながらのオムツ替え。
急いで替えたいのに、長男がおしり拭きを取り出すまで待ち、オムツのテープを留めさせ、私がやり直す。うんちは長男が納得するまでしばらく見せてあげる。このやり取りが一日に十数回です。
授乳
二男に授乳をするのも大変でした。
長男が割り込んできたり、おっぱいを隠したりするので、児童館などで長男が遊んでいる間に授乳したり、おやつをいつもより多めにあげて、その間に授乳するようにしていました。
寝かしつけ
毎日の寝かしつけ修行のようでした。
寝かしつけに使うバランスボールは長男に取られ、わざと大声を出し、抱っこ紐を付けると「抱っこして」と言って甘えてくる。やっとの思いで寝かしても、二男を布団におろした途端「〇〇も寝るー」とちょっかいを出して起こす…。私が怒る。長男と二男が大泣き…。

長男がいることで、二男のお世話がスムーズに出来ないことはすごいストレスでした。手伝ってくれなくていい、邪魔はしないでほしい…。

邪魔したい訳じゃないのは分かってます。長男もまだ産まれてから2年しか経ってない、赤ちゃんみたいなもの。頭では分かっていても、私の思考と感情のコントロールが追い付きませんでした。

長男が昼寝しない

長男は2歳を過ぎた頃から、昼寝をしなくなりました。

一人遊びをしない。テレビもあまり観ない、常に「ママ、ママー」の長男。しかも昼寝をしない。朝から長男の相手と二男のお世話をしていると、昼になる頃には体力的にも精神的にもぐったり、疲れ果てていました。

一日に1時間でも長男が寝てくれれば、心に少し余裕が出来たように思います。

長男が次男に対して暴力的

長男の気持ちを考えれば、しょうがないのかもしれません。

自分だけママだったのに突然現れた二男に奪われたような気持ち。一生懸命作ったブロックやプラレールの線路を悪意なく壊す二男。それを2歳児が理解できるはずがありません。

引っ掻く、噛む、殴る、押すなどの二男に対する暴力行為は生後10ヶ月頃まで続きました。

私も最初は長男の気持ちを理解してあげようとしていたのですが、二男に跡がつくほど噛みついたり、引っ掻いたりすることが続くと、私も我慢できなくなり、怒鳴って、手を挙げることもありました。

二男が長男の遊びを邪魔する(家で遊べない)

二男がずりばいをするようになってからは、長男がやっている遊びをことごとく邪魔するようになりました。

悪意がないのでしょうがないのですが、長男からしたら面白くありません。私が二男の気をそらそうと努力するのですが、家の中にいると限界があります。

子供2人を連れての外出は大変ですが、外にでないと気が狂いそうでした。

家事ができない

とにかく子供2人が目を離せなかったので、キッチンに長い時間立っていることができませんでした。掃除はしなくてもなんとかなりますが、食事洗濯はしないと生活できません。

産後数ヶ月は、一人でやれるとこまで頑張ろうと努力をしましたが、やっぱり大人1人で子供2人をみながらの家事には限界がありました。夫に「今は緊急事態」と伝え、「甘える」ことを決めたことで少し楽になったように思います。

現在は、車で30分の距離にある義理実家に平日はお昼から夕方までお世話になっています。そこでご飯もお風呂もすましています。本当にありがたいです。

二男の出産から約1年、少しずつ楽になってきた

最近になって、ようやく少しずつ心に余裕が持てるようになりました。それは何かきっかけがあってとか、劇的に状況が変わってとかいう訳ではなく、辛い状況を何度も繰り返し、ダメな自分を毎日責め、周りに助けを求めることで救われ、それでも辛い。その繰り返しで日々が過ぎ、1年経って長男と二男が成長したことで育児が少し楽になったんだと思います。

長男が3歳になってイヤイヤが大分落ちつき、二男の離乳食が終わって夜にまとめて寝てくれるようになったことが大きいです。

また、幼稚園入園に向けて動き出したことで、いろいろな人と関わる機会が増えたということも良い影響を与えたんだと思います。

パパに育休を取得してほしかった

大人が一人増えるだけで全然違います。

ワンオペ育児をするということは、睡眠不足でトイレに行くのも食事をするのもままならない、修行のような育児をするということです。

夫は育児に協力的なのですが、男性が育休を取得しづらい雰囲気が今の会社にはあります。

二歳差育児を1年経験して思うことは、頼れる実家か、頼れる夫がいなければ、ママが精神的に壊れます。

最後に

私自身、二歳差三人姉弟であったということ、年齢的にも早めに産みたかったということで二歳差で二男を出産しました。

この1年は想像以上に過酷でしたが、今現在、二歳差で二男を出産したことは後悔してません。長男も二男もとても大切な存在です。

後悔はしてませんが、二歳差育児をおすすめできる心境にはまだなっていないというのが正直なところです。

最後に…

年子、2歳差、3歳差のどれが大変かという論争をしたい訳ではなく、私が経験し、感じた事を言葉にして残しておきたくて記事にしました。もし、嫌な気持ちになった方がいましたら本当に申し訳ございません。