産後うつを救った本と「命の母ホワイト」について

二歳差で次男を出産し、約1年間は育児ノイローゼ状態でした。子供が大きくなるにつれて少しずつ心に余裕を持てるようになり、現在は、子育てで悩むことはたくさんありますが、毎日「消えたい」と思うことはなくなりました。

ここまで回復できたのは、子供が成長し、生活が変化したことが主な要因ですが、2冊の本と「命の母ホワイト」の影響が少なからずありました。その体験談について記事にしました。

スポンサーリンク

産後うつを救った本と「命の母ホワイト」について

  • 新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。
  • 脳を鍛えるには運動しかない!最新科学で分かった脳細胞の増やし方
  • 命の母ホワイト(小林製薬)

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

この本は、12週間(3ヶ月)の自分を見つめるコースになっていて、毎日3ページの日記をつけ、毎週の課題をこなし、週に一度、自分のための時間を確保します。

一言でいうと、かなり面倒くさいです。なのでコースに取り組む「覚悟」が必要になります。私は「このコースを2回やり終えて、それでも状況が良くならなかったら、その時は……」という覚悟で取り組みました。

もちろん本を読む前の私は「行動」する気力がない状態でしたし、何度も挫折をしました。それでも「自死」や「虐待」をするよりも、「行動」を選びました。

私にとっては「自分のやりたいこと」をみつける本というより、うつ状態や引きこもりの時に、自分自身を見つめなおし、悩み・解決策をみつけ、行動することを「手助け」してくれる本です。過去にも2度、どん底の私を救ってくれた本です。


関連する本は4冊ありますが「新版」をおすすめする理由は、以下になります。

  • 持ち運びしやすいコンパクトサイズ
  • 課題がまとめられていて、取り組みやすい

12週間のコースに取り組むのは本当に大変ですが、やり終えた後、きっと今よりも自分のことが好きになります。

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学で分かった脳細胞の増やし方

子育て中にイライラがひどく、このままだと子供を虐待してしまうかも…と何度も不安にかられました。そんな自分を変えたくて、早朝に30分のウォーキングをはじめました。そのきっかけとなった本です。

私自身、外出するのが億劫なタイプで、体を動かすこともあまり得意ではありませんが、とりあえず朝起きて、着替えて、外に出てみる。それでも歩きたくなかったら家に帰ってもいい。というルールを決めて朝起きてました。

家を出る前は「面倒くさいな」と思いますが、歩いた後は気分がすっきりして、その日一日、イライラする回数が減りました。

命の母ホワイト(小林製薬)

私はPMS(月経前症候群)症状があり、排卵日(14日前後)から生理が始まるまでの期間は「いなくなりたい」という感情や、イライラや不安が強くでて、家族に辛くあたってしまい、人と会うのが億劫になります。

産後は、ストレスやホルモンの乱れから、PMS症状がいつもより強くでていました。それが「命の母ホワイト」を服用する事でかなり改善されました。今まで飲んだどのサプリよりも効きました。

体質によっては副作用のでる場合があります。私は少し下痢っぽくなり、生理が数日早まることが数回ありました。


サトウチェストツリー(佐藤製薬)・セントジョーンズワート(DHC)は服用したことがありますが、それほど効果を感じませんでした。

最後に

おすすめの本は他にもありますが、2冊にしぼりました。どちらの本も読むだけではなく「行動」する覚悟が必要になります。悲しい結末を迎える前に、もう1度だけ、挑戦してみてください。きっと今よりもいい未来が待っています。

残念ながら「命の母ホワイト」は、授乳期間中は服用できません。授乳を中断してまで服用を勧めるつもりはありませんが、うつ症状が辛いのであれば、数日間、母乳をミルクに変えて「命の母ホワイト」を服用し、効果を感じたら母乳からミルクに変えるという選択肢もありだと思います。

※商品リンクはアフェリエイトリンクになっており、収益がブログの励みになります。
※あくまで私個人の体験談になります。ご了承ください。

子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ころりんすまい
タイトルとURLをコピーしました