ダサい物干し竿をお洒落にDIY

よくあるタイプの物干し竿を使用しているのですが、色が薄緑でちょっとダサいんです。まだ十分使えるので買い替えるのはもったいないのですが、何とかしたい…。

物干し竿をDIYで好みの色に塗り替える

ダサい物干し竿

この薄緑が好みじゃないので色を塗り替えます。白か黒で迷いましたが、日光に当たる場所なので黒だと熱くなってしまいます。なので白に塗り替えることにしました。

使用した塗料はこちら。

タッチアップペン(トヨタ用045)

車用のキズ補修塗料なので屋外でも耐久性があり、色の種類が豊富です。白だけでもパールやマット、少しクリームがかった色まで何種類もあります。

どの色にするか迷いましたが、タッチアップペン(トヨタ用045) という色を購入しました。(純白すぎない白という感じの色です。)

タッチアップペンを使って物干し竿を白色に塗る

ダサい物干し竿とタッチアップペン

用意するものは、

ステンレス部分に塗料が付かないようにマスキングテープを貼ります。ペンを何度か縦に振って塗料を混ぜ、一気に塗っていきます。

ダサい物干し竿とタッチアップペン

キャップがマニュキュアの筆のようになっています。容器を傾けると中身がこぼれるので注意が必要です。付いた塗料はなかなか落ちないので悲惨なことになります。(私も何回かこぼしました…。)

一度塗りでは綺麗に塗れなかったので、三度塗りしました。

タッチアップペン

コツは、すばやく一気に塗る事。乾きが早いので、丁寧に塗ろうとすればするほどムラがでます。あまり神経質にならずに手早く塗った方が、綺麗に仕上がります。

ダサい物干し竿をDIYでお洒落に

30分かからずに作業終了。

薄緑が白になっただけですが、なんだかお洒落になりました。

まとめ

私は神経質なところがあるので、家の中に気に入らない色があるとなんだか落ち着きません。物干し竿が好みの色に変わっただけですが、心が少しスッキリしました。

タッチアップペンで塗った部分は、鋭利なものでキズを付けると塗料が剥がれますが、雨に濡れても大丈夫なので、しばらくはもちそうです。

タッチアップペン(トヨタ用045)

物干し竿に限らず、手軽に自分好みの色に塗り替えられます。