【ニトリのキッチンボード・チェルシー】約1ヶ月の使用レビューとデメリット2つ

ニトリの組み合わせができるキッチンボード、チェルシーキッチンボードの下台だけを購入し、キッチンカウンターとして使用しています。

約1ヶ月の使用レビューとデメリット2つについて記事にしました。
※キッチンボードではなく、キッチンカウンターとして使用した場合のレビューです。

スポンサーリンク

「チェルシー」約1ヶ月使用した感想

  • 「3段引出し」がとにかく使いやすい
  • 想像以上に収納力がある

「3段引出し」がとにかく使いやすい

ニトリのチェルシー

チェルシーの「3段引出し」は、2段目と3段目の容量がたっぷりあるのが、すごく使いやすいです。このタイプの「3段引出し」を採用しているキッチンボードは、他を探してもなかなかありません。

引出しの高さがあるので、

  • お皿を立てて収納できる
  • 高さがあるコップや食材が収納できる

使う頻度が高いものを1段目と2段目に入れることで、

  • 引き出しを開閉する回数が減らせる
  • かがむことなく引き出せるので体の負担が減る

地味ですが、毎日のことなので結構大きなメリットになります。

想像以上に収納力がある

食器棚からキッチンカウンターに変えて「収納スペース」が減ることが心配でしたが、実際にはほとんど物がキッチンカウンターに収まりました。

ニトリのチェルシーの収納力

以前使用していた食器棚

チェルシーの奥深タイプ(奥行51cm)、ハイカウンタ―(高さ97cm)は、思った以上に収納力があります。

※少し断捨離をしました。購入したキッチンカウンターの幅は180cmです。

キッチンボードではなく、キッチンカウンターにした主な理由は以下2点です。

  • 作業スペースが増える
  • ホコリがたまらないので衛生的

「チェルシー」デメリット2つ

  • キッチンボードの上部分は後付けができない
  • キッチンカウンターと壁の間に約1cmのすき間がある

キッチンボードの上部分は後付けができない

「組み合わせが自由にできる」ことがチェルシーの大きなメリットですが、購入後は、組み合わせを変えたり、追加することができません。

キッチンボードの下台だけを購入後、上部分を追加購入することもできません。

できない理由は、カウンター天板に穴を開ける作業や、組み立て作業は、購入後の対応が難しいからだそうです。なので、購入時にはよく考えて、組み合わせを決めるようにしてください。

キッチンカウンターと壁の間に約1cmのすき間がある

キッチンカウンターと壁の間に約1cmのすき間があいてしまいました。ここからゴミや液体が落ちたら最悪です。

家具の巾木カット

参考写真(巾木カット)

チェルシーのオプション「巾木カット」をすることで、すき間が少なくなりますが、悩んだ結果、やりませんでした。

  • 巾木カットの料金が想像以上に高い
  • 巾木カットをしても、カウンター横にはどうしても隙間があく

というのが理由です。なので、購入後にすき間テープで対応することにしました。

「コニシ ボンド バス用テープ」でキッチンカウンターのすき間をなくす

浴室・洗面台用ですが、こちらを使用しました。1.8mなので2つ必要になります。

ニトリのチェルシーのデメリット

コーナー部分もきれいな仕上がり、素人でも簡単にできました。色が少し違いますが許容範囲です。

最後に

いろいろと悩んだ結果、ニトリのキッチンボード「チェルシー」の下台だけを購入しました。キッチンカウンターとして約1ヶ月使用しましたが、ほぼ満足しています。

※【公式】ニトリネットでは、チェルシーのオプション対応はしてないので、店舗にてお問い合わせください。

インテリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ころりんすまい
タイトルとURLをコピーしました