【主婦が実証】雑草対策に!踏んでも大丈夫なグランドカバー「おすすめ4選」

雑草対策に、踏んでも大丈夫なグランドカバー「おすすめ4選」と、実際に育てて感じたメリット・デメリットについて記事にまとめました。

  • 踏んでも大丈夫なグランドカバー「おすすめ4選」
  • メリット・デメリットについて
  • 育てるのに適した場所は?
スポンサーリンク

踏んでも大丈夫なグランドカバー【おすすめ4選】

  • ディコンドラ(ダイカンドラ)
  • レイタータイム
  • TM9(ティーエムナイン)
  • 玉竜(タマリュウ)

ディコンドラ(ダイカンドラ)

おすすめのグランドカバー_ディコンドラ

ディコンドラは、日当たりが良い場所や半日影の場所、ややじめっとした環境でよく育ちます。丸っこいハート型の小さい葉を密に付け、茎が横に這うように広がります。

種を蒔いて育てるのが一般的です。

毎年成長する多年草ですが、冬は葉が茶色く枯れます。

冬に枯れた葉が、密に葉をつけるまでのスピードよりも、雑草の成長速度が速いので、春から夏にかけての雑草抑制効果はそれほど期待できません。

ディコンドラのメリット・デメリット

  • 日向でも半日影でもよく育つ
  • 踏んでも大丈夫
  • 多年草だが、冬は枯れてしまう
  • 春から夏にかけての雑草抑制効果はあまり期待できない

育てるのにおすすめな場所

  • レンガの目地など
  • 日当たりが悪い場所(良くてもOK)


※ディコンドラはシルバー葉とグリーン葉の2種類があり、見た目と性質が異なります。今回紹介したのは、グリーン葉のディコンドラです。

レイタータイム

おすすめのグランドカバー_レイタータイム

レイタータイムは、クリーピングタイムの一種で、這うように広がって育つタイムです。

繁殖力が高く、小さい葉が密に育つので、グランドカバーに適しています。可愛い花が咲き、挿し芽(さしめ)で簡単に増すことができます。

成長スピードがそこまで速くないので、広い範囲の雑草抑制効果は期待できません。花壇の下草として育てるのがおすすめです。

レイタータイムのメリット・デメリット

  • 可愛い花が咲き、挿し芽(さしめ)で簡単に増やせる
  • 踏むとタイムのいい香り
  • 冬場も枯れにくい
  • 広い範囲の雑草抑制効果は期待できない

育てるのにおすすめな場所

  • 花壇の下草として

TM9(ティーエムナイン)

おすすめのグランドカバー_TM9

TM9は、高麗芝を品種改良し、横に広がる成長速度はそのまま、上に成長するスピードを遅くした芝です。

従来の芝よりも、芝刈りの回数が減らせます。

きれいで密な芝を維持するためには、芝刈り、サッチング、エアレーションなどの作業が必要になりますが、個人的には雑草抜きよりも楽しい作業だと思います。

密に生えている芝は、雑草抑制効果がとても高いです。

TM9のメリット・デメリット

  • 従来の芝よりも、芝刈りの回数が減らせる
  • 雑草抑制効果が高い
  • 踏んでも大丈夫
  • ある程度のお手入れが必要
  • 従来の芝よりも、高価で手に入りにくい

育てるのにおすすめな場所

  • お庭全体のグランドカバーとして


※2021年3月現在、どこの店舗も在庫がない状況です。

玉竜(タマリュウ)

踏んでも大丈夫なグランドカバー_玉竜

玉竜は、日向でも日影でも育つ多年草です。「竜のひげ」より葉の長さが短い品種で、一度根付けば、多少踏んでも大丈夫です。

植えた当初は間隔があいていても、徐々に密に育ち、雑草抑制効果が高くなります。

玉竜のメリット・デメリット

  • 冬場も枯れない
  • 密に育てば、雑草抑制効果が高い
  • 多少踏んでも大丈夫
  • 密に育つまでに時間がかかる

育てるのにおすすめな場所

  • 花壇の下草や、ワンポイントとして
  • 芝刈りが出来ない場所傾斜地の土砂崩れ防止

まとめ:踏んでも大丈夫なグランドカバー【おすすめ4選】

  • ディコンドラ(ダイカンドラ)
  • レイタータイム
  • TM9(ティーエムナイン)
  • 玉竜(タマリュウ)
  • お庭の広い範囲は、雑草抑制効果が高い「TM9」
  • 半日影の場所レンガの目地「ディコンドラ」
  • 花壇の下草ワンポイント「レイタータイム」「玉竜」
  • 芝刈りが出来ない場所傾斜地の土砂崩れ防止には「玉竜」

芝刈り作業は、果てしなく続く「雑草抜き」と比べると達成感があり、意外と楽しくできます。

今後は、繁殖力が強いヒメイワダレソウ(リッピア)を育ててみようと思います。

※千葉県北西部で育てています。地域によって成長速度などが変わります。

タイトルとURLをコピーしました