リンクストーンとレンガで、お庭の階段をお洒落にDIY

建売住宅の味気ない階段を、リンクストーンレンガを使ってお洒落にDIYしました。

素人の私に、リンクストーン施工が出来るのか不安でしたが、なんとか完成することが出来ました。

リンクストーン施工のやり方と、施工後に気付いた失敗点などを紹介します。

記事を読むと分かること
  • 素人にリンクストーンは施工できるの?
  • 洗い出しとは違うの?
  • 施工時に気を付けるポイントと、私が失敗した事
  • リンクストーンはどこで購入できる?
もくじ

素人にできる?リンクストーンとレンガで階段DIY

  • 作業時間:8日間(1日4〜7h) ※レンガ切断作業は含まず
  • かかった費用:37269円
購入した商品
  • リンクストーンF(ニュー東雲) ※1.5㎡分
  • レンガ(54個)
  • ブロック用接着剤(3袋)
  • NSハイフレックス(1kg)
  • ワンモル(補修用)
  • ボンドK120 ※コンクリートと金属の接着に使用
  • L字の見切り材(1m×2本)
  • ダイヤモンドカッター ※レンガ切断に使用
  • セメント、砂、砂利
  • 刷毛、ローラー
  • 木の棒 ※コンクリート型枠に使用
  • アクリル板 ※コンクリート型枠に使用

↓下記に購入した商品リンクがあります。

リンクストーンは、四国化成が発売している商品で、一見すると洗い出しのように見えます。
施工場所の下地はコンクリート(モルタル)で、壁面には施工できません。さまざまなタイプや色があり、夏用(4月~10月)と冬用(11月~3月)があるので、施工時の気温に合わせて購入します。
約1cmの塗厚で施工できます。

家にあった道具
家にあった道具
家にあった道具
  • スコップ(大)
  • 手押し車、ベビーバス
  • 目地鏝
  • ブラシ、歯ブラシ、筆、スポンジ
  • バケツ
  • 鏝(3種類)、スコップ(小)
  • 水糸、養生テープ、マスカー
  • 水平器、メジャー、マジック
  • モルタル注入袋

【下準備】 前日に階段を水洗い、水糸を張る

前日に、階段を水洗いして乾かしておきます。長年の汚れがたまっていたので、食器用洗剤を使いました。

レンガが、約1cm階段からはみ出るように、水糸を張ります。そうすることで、リンクストーンを塗布する際にレンガが見切り材(舗装を止める役割)となります。

階段1段目は、コンクリートで拡張します。

1、レンガを接着剤で固定する

レンガにブロック用接着剤を塗って、水糸を目安にして固定します。

ブロック用接着剤は柔らかく、レンガを水平に固定するのが難しかったので、小石を挟んで作業した。

ころりん

カットしたレンガの断面は凸凹してたので、想像以上の時間がかかってしまいました…。

2、レンガの目地入れ

レンガの目地入れには、モルタル1:砂2よりも若干セメントを多めに配合し、ハイフレックスを混ぜた接着力の高いモルタルを使いました。

モルタル注入袋を使って目地にモルタルを入れ、目地鏝で仕上げます。

自己流ですが、3回に分けて目地鏝でおさえてます。

  1. 目地にモルタルを入れた直後に目地鏝でおさえる(1回目)
  2. モルタルが足りない箇所に足してから目地鏝でおさえる(2回目)
  3. 仕上げのおさえ(3回目)
ころりん

階段1段仕上げるのに4時間位かかってしまいました…(泣)

3、階段1段目の拡張

ホームセンターの端材コーナーで見つけたアクリル板(110円)と木の棒で、即席のコンクリート型枠を作り、養生テープとブロック用接着剤で固定します。

コンクリートは、セメント25kg×1袋、砂20kg×2袋、砂利20kg×3袋の配合で手練りしました。

4、ワンモルで階段の凹凸をなくす

階段表面の凸凹を薄塗り可能なワンモル(補修用)で埋めます。

通常のモルタルは薄塗りできませんが、ワンモル(補修用)は塗厚1mmで施工できます。

5、見切り材を接着剤で固定する

よく歩く場所に施工する場合は、衝撃でリンクストーンが剥がれやすくなります。

見切り材(金属)をコンクリートと金属用の接着剤でくっつけました。

6、プライマーを塗布する

リンクストーン_プライマー

リンクストーンに同封されているプライマーを、刷毛とローラーを使って均一に塗布します。

7、石(骨材)と主剤を混ぜ合わせる

石(骨材)主剤を混ぜます。

石の1粒1粒に主剤が付かないと、施工後剥がれの原因になります。石全体にツヤが出るまでしっかりと混ぜます。

主剤開封後、30〜40分で施工を終われせないといけません。

8、リンクストーンを塗布する

鏝を使って水平にならしてから、叩き込むようにして転圧します。

鏝に付いたリンクストーンを灯油で落としながら作業します。硬化不良の原因になるので、水やシンナーは使いません。

リンクストーン施工をする日は風速3m以上ある日は避ける。(硬化前に砂や葉っぱが付いたら取れない。)

施工後に気付いた失敗

失敗から学んだ事
汚れていたり、サビてる鏝は使わない

鏝に付いてたサビやモルタルが、灯油で分解されて、リンクストーンの表面に付いてしまいました。
目立つ汚れではなかったので良かったですが…。

よく通る場所に施工する場合は、滑り止め施工を検討する

リンクストーンは乾いている時は全く滑りませんが、雨で濡れると滑りやすくなります。
施工後、固まってしまった後は、滑り止め施工は出来ないので注意してください。

最後に

  • 作業時間:8日間(1日4〜7h) ※レンガ切断作業は含まず
  • かかった費用:37269円

新しい作業の連続で不安があった分、完成した時はすごく嬉しかったです。

購入した商品の紹介

セメダイン(Cemedine)
¥1,056 (2022/09/26 21:34時点 | Amazon調べ)
コニシ(KONISHI)
¥413 (2022/09/26 22:45時点 | Amazon調べ)
【前編】階段DIY レンガとリンクストーン
【後編】階段DIY レンガとリンクストーン

雨どいクリーニング(5500円〜)が出張料無料「イエコマ」

近所のリフォーム会社の一括見積りができる「リショップナビ」

よかったらシェアしてね!
もくじ