【雑草対策】レイタータイムは、芝生に代わるグランドカバーにはならない?

クリーピングタイムの一種である「レイタータイム」を約2年間育てました。

育て方成長記録について記事にまとめました。

  • 芝生に代わるグランドカバーにはならない?
  • レイタータイムの育て方成長記録
  • レイタータイムは踏んでも大丈夫?
スポンサーリンク

レイタータイムは、芝生に代わるグランドカバーにはならない?

レイタータイムの育て方

レイタータイムは、広い範囲(お庭全体)に植えるグランドカバーとしては、あまりおすすめできません。

その理由は、

  • 成長速度があまり速くない
  • 雑草抑制効果はあまり期待できない
  • 多湿で蒸れやすく、葉が茶色くなる

成長速度があまり早くないので、庭全体を覆うまでにかなり時間がかかります。

人が踏み入れることで土が固くなります。その固い土では、雑草抑制効果が期待できるほど、レイタータイムが密に育ちませんでした。

また、多湿で蒸れると葉が茶色くなってしまうので、刈り込み作業が必要になります。

レイタータイムの育て方

  • 植える時期:春、秋
  • 植える場所:日向から半日影
  • 水やり:庭植えでは雨で十分(根付くまでは水やりをする)
  • 管理方法:多湿で蒸れると葉が茶色くなるので、梅雨前に刈り込む
  • 増やし方:勝手に広がるが、挿し芽(さしめ)で増やせる

成長速度があまり速くない

レイタータイムの成長速度

夏直前に植えてしまい、苗がいくつか枯れてしまいました…。

8ヶ月後

レイタータイムの成長速度

レイタータイムがある場所はいい感じですが、8ヶ月でこの成長具合なので、庭全体を覆うまでにかなり時間がかかります。

挿し芽(さしめ)をしなくても、刈り込む際に落ちた葉が自然に根付きました。

雑草抑制効果はあまり期待できない

レイタータイムの育て方

人が踏み入れる場所は、どうしても土が固くなります。その固い土では、レイタータイムが育ちにくく、雑草抑制効果があまり期待できません。

花壇に植える方が、成長速度が速く、葉も密に育ちます。

多湿で蒸れやすく、葉が茶色くなる

レイタータイム_茶色く枯れた

わが家の庭は、日当たりは良いのですが、水はけが悪いです。

梅雨前にどんなに頑張って刈り込んでも、多湿で蒸れて、葉が茶色くなってしまいました。

まとめ:レイタータイムは「花壇や木の下草」として植えるのがおすすめ

レイタータイムの育て方

  • 成長速度があまり速くない
  • 雑草抑制効果はあまり期待できない
  • 多湿で蒸れやすく、葉が茶色くなる

広い範囲のグランドカバーとして植えるよりも、花壇や木の下草など、比較的狭い場所に植えるのがおすすめです。

レイタータイムは、ピンク色の花がとても可愛く、緑色がとても綺麗な葉で、ちぎるとタイムの香りが広がります。

ハーブなので、お料理のスパイスとして使用したり、ハーブティーにしたり、お風呂に浮かべたりするなどの楽しみ方もあります。

また、踏んでも大丈夫なところも嬉しいポイント。

お庭
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ころりんすまい
タイトルとURLをコピーしました