【実際に育てて比較】レイタータイムとロンギカウリスタイムの違いは?

クリーピングタイム(這う性質のタイム)の一種である「レイタータイム」「ロンギカウリスタイム」を実際に育てて、違いについて記事にまとめました。

  • 成長スピードが速いのはどっち?
  • 育てやすいのはどっち?
スポンサーリンク

レイタータイムとロンギカウリスタイムの違いは?

レイタータイムとロンギカウリスタイムの違い

  • 成長スピードが速いのは、ロンギカウリスタイム
  • 花がたくさん咲くのは、ロンギカウリスタイム
  • 管理が楽なのは、ロンギカウリスタイム
  • どちらも、花だんの下草として植えるのがおすすめ
  • どちらも、ハーブティーなどが楽しめる

成長スピードが速いのは、ロンギカウリスタイム

レイタータイムは草丈が低く、濃い緑色の小さい葉が、密に育ちます。それに比べると、ロンギカウリスタイムは草丈があり、葉が大きいです。

レイタータイムとロンギカウリスタイムの成長速度

植え付け(3月14日)

グランドカバー用に改良されたレイタータイムの方が繁殖力旺盛だと思いましたが、予想に反して、ロンギカウリスタイムの方が成長スピードが速いです。

レイタータイムとロンギカウリスタイムの成長速度

16日経過(3月30日)

レイタータイムとロンギカウリスタイムの成長速度

1ヶ月9日経過(4月23日)

ただ、そこまで大差はなく、レイタータイムは密に広がっていきますが、ロンギカウリスタイムは長いランナー(這って伸びる茎)を出すので、広範囲に速く成長します。

花がたくさん咲くのは、ロンギカウリスタイム

花付きが全然違います。

ロンギカウリスタイムの方が開花時期が早く(3月中旬)、たくさんの花が咲きます。

レイタータイムの開花時期は少し遅く(4月下旬)、ロンギカウリスタイムと比べて花が小さく、控えめに咲きます。

花をたくさん楽しみたい場合は、ロンギカウリスタイムの方がおすすめです。

管理が楽なのは、ロンギカウリスタイム

レイタータイム_茶色く枯れた

レイタータイムは、草丈が低く葉が密に育つので、とても蒸れやすいです。なので梅雨前に刈り込み作業をしないと、葉が茶色く枯れてしまいます。

ロンギカウリスタイムは、レイタータイムと比べて草丈が高いので蒸れることが少ないです。

花だんの下草として植えるのがおすすめ

レイタータイムは踏んでも大丈夫なので、踏み入れる場所に植えても育ちます。

ですが、どちらのタイムも、踏み固められた土では育ちづらいので、芝生の代わりのグランドカバーというよりは、花だんの下草や、レンガのすき間などに植えるのがおすすめです。

雑草抑制にもなり、花も楽しめます。さし芽で簡単に増やすことができるのも嬉しいポイントです。

ハーブティーなどが楽しめる

どちらのタイムも、ハーブティーやお風呂に浮かべるなど、ハーブとして楽しむことができます。

摘みたてハーブティーもいいですが、朝摘みしたタイムを1日お日様に干すことで香りが強くなるそうです。タイムによって微妙に香りが違うので、自分好みの香りを探すのも楽しいです。

ハーブとして楽しみたいなら、葉が多いレイタータイムの方が、葉を一度にたくさん摘めるというメリットがあります。

夏の様子、冬の様子

夏や冬の状態については後日更新予定です。

まとめ

  • 成長スピードが速いのは、ロンギカウリスタイム
  • 花がたくさん咲くのは、ロンギカウリスタイム
  • 管理が楽なのは、ロンギカウリスタイム
  • どちらも、花だんの下草として植えるのがおすすめ
  • どちらも、ハーブティーなどが楽しめる

管理が楽で、たくさんの花を楽しめるのは、ロンギカウリスタイムです。

葉をたくさん摘んでハーブを楽しみたい場合や、踏み入れる可能性のある場所に植えるなら、レイタータイムがおすすめです。

香りが微妙に違い、それぞれの良さがあるので、植える場所や、好みに合わせて選ぶのがいいと思います。

※千葉県北西部で育てました。地域によって成長速度などが変わります。


お庭
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ころりんすまい
タイトルとURLをコピーしました