【クリーピングタイムの種類】レイタータイム、ロンギカウリス、ワイルドタイム

タイムにはさまざまな品種がありますが、這うように横に広がって成長する性質を持つタイムのことをクリーピングタイムといいます。

現在流通している、レイタータイムロンギカウリスタイムワイルドタイムを実際に育て、違いを記事にまとめました。

  • レイタータイム、ロンギカウリスタイム、ワイルドタイムの違いは?
  • 踏んでも大丈夫なグランドカバーは?
スポンサーリンク

【クリーピングタイムの種類】レイタータイム、ロンギカウリスタイム、ワイルドタイムなど

タイムは、大きく2種類に分けられます。

  • 立性:立ち上がるように成長する
  • 這い性(ほふく性):地面を這うように広がって成長する

クリーピングタイムとは、這い性(ほふく性)のタイムの事です。

商品名に「クリーピングタイム」と書かれている場合、代表的なワイルドタイムを指していることが多いので、購入時は間違えないように気を付けてください。

レイタータイム:グランドカバー用に改良されたタイム

レイタータイムの育て方

レイタータイムは、グランドカバー用に改良されたタイムです。

ロンギカウリスタイムやワイルドタイムに比べて、葉が小さく、密に生え、草丈も低い(約3cm、花期はもう少し高くなる)です。淡いピンク色の花が咲きます。

這うように育ち、踏まれることにも強く、冬場も枯れにくいです。

多湿で葉が茶色くなってしまうので、梅雨前には刈り込み作業をします。

  • 草丈が低く、小さい葉が密に育つ
  • 多湿に弱いので刈り込み作業が必要
  • 多少踏んでも大丈夫

育てるのにおススメな場所

  • 頻繁に人が踏み入れない場所のグランドカバーとして
  • 花壇など

ロンギカウリスタイム:花付きが一番良い

ロンギカウリスタイム_育て方

ロンギカウリスタイムは、レイタータイムと比べると葉や花が大きく、草丈も高いです。

なので、当たり前ですが人が踏むとつぶれてしまいます。

レイタータイムよりも草丈があるので、多湿で蒸れて葉が茶色くなることはあまりないです。3品種の中で一番、花付きが良いです。(花を楽しみたい人におススメ!)

冬に地上部が枯れてしまう事がありますが、春になるとまた芽吹きます。

  • レイタータイムと比べると管理が楽ちん
  • 3品種の中で一番、花付きが良い
  • 人が踏みいれない場所で育てる

育てるのにおススメな場所

  • 花壇など

※後日、ロンギカウリスタイムの成長記録を記事にします。

ワイルドタイム:クリーピングタイムの商品名で販売されている

ワイルドタイムは、クリーピングタイムの商品名で販売されていることが多いです。

ロンギカウリスタイムよりも花付きが少なく、冬の寒さで葉が銅色になります。

種の販売があるので、比較的簡単に栽培できます。

  • 種から育てられる
  • 冬の寒さで葉が銅色になる

※後日、ワイルドタイムの成長記録を記事にします。

最後に

クリーピングタイムとは、這い性(ほふく性)のタイムの事
  • グランドカバー用に改良された「レイタータイム」
  • 花付きが一番良い「ロンギカウリウスタイム」
  • 種から育てられる「ワイルドタイム」

現在、主に3種類のクリーピングタイムが流通しています。この記事がクリーピングを購入する上で参考になれば嬉しいです。

お庭
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ころりんすまい
タイトルとURLをコピーしました