液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレスオイルボトル】

Amazonで評価の高い、Trudeau(トゥルードゥー) ドリップレスオイルボトル を購入しました。オイルボトルとしては高めの価格ですが、それに見合った商品だと思います。

[関連記事]
液だれしないオイルボトルを探す【失敗編】
液だれしないオイルボトルを探す【セリアのオイルボトル】
液だれしないオイルボトルを探す【iwakiのフタ付きオイル差し】
液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレスオイルボトル】
液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレススパウト】

Trudeauのドリップレスオイルボトルを1週間使ってみる

Trudeau(トゥルードゥー)は、1889年にカナダ・モントリールで設立した歴史ある会社で、キッチングッズは、世界75カ国に輸出されているそうです。なんだか信頼できそう。

今回購入したのはこのオイルボトル。

Trudeau(トゥルードゥー) ドリップレスオイルボトル

容量が約320mlあり、デザインもシンプルでお洒落です。価格が高いのがマイナスポイント。

Trudeau(トゥルードゥー) オイル&ビネガーボトル

こちらのオイルボトルも気になりますが、Amazonの評価がいまいちでした。

使用感を5段階評価してみました。あくまで私個人の感想です。

洗いやすさ ★☆☆☆☆

このオイルボトル、かなり洗いづらいです。

ボトル口が狭くなっているせいで、スポンジが中に入りません。

trudeauのドリップレスオイルボトル

無理やりスポンジを入れて洗いましたが、取り出すのに一苦労でした。(よくあるサイズのスポンジです。)

trudeauのドリップレスオイルボトル

ノズルも洗いづらい…。というかスポンジでは綺麗に洗えません。

ノズルの中は水で流す程度です。

耐熱温度が70℃なので食洗機も使えません。ノズルの中まで洗うには、洗浄液などに浸けこむ必要がありそうです。

ボトルもノズルも洗いづらい形状のため、評価は、悪い[★☆☆☆☆]となりました。

詰め替えやすさ ★★★★★

次に、オイルの詰め替えやすさです。

trudeauのドリップレスオイルボトル

ボトル口は、オイルを詰め替えるのに十分な大きさです。オイルをこぼすことなく、簡単に詰め替えることが出来ました。容量が320mlあるのが嬉しいです。

たっぷりの容量が高評価となり、とても良い[★★★★★]となりました。

液だれ ★★★★★

最も気になるのが、液だれです。

注いでみます…。

trudeauドリップレスオイルボトルの液だれ

全く液だれしません。

trudeauドリップレスオイルボトルの液だれ

このオイルボトル、とにかく液切れがいいんです!

trudeauドリップレスオイルボトルの液だれ

絶妙にカーブしているノズルがいい仕事しています。「液切れが良い」=「液だれしない」んです。

価格は高いし、洗いづらいし…。どうせ液だれするんでしょ…。

なんて思っていたので、この液切れの良さには感動しました。

もう一点びっくりしたのは、注ぐ際に、ボトルの傾きを変えても一定量のオイルしかでてきません。傾き加減を気にせずに使えるのですごく便利。

評価は文句なしのとても良い[★★★★★]となりました。

※1週間使用した感想です。オイルの種類によって粘度が違います。

デザイン ★★★★★

ガラス製でシンプルなデザインです。

容量が320ml入るので少し大きく感じますが、キッチンに出しておいても邪魔にならないサイズです。

iwakiオイル差しとtrudeauドリップレスオイルボトル

評価はとても良い[★★★★★]となりました。

まとめ

Trudeau(トゥルードゥー) ドリップレスオイルボトル は、詰め替えやすくて、液だれしないオイルボトルです。

「液切れの良さ」や「注ぎやすさ」に関しては、今まで使用したオイルボトルの中でナンバーワンです。

オイルを注ぐ際に、ボトルの傾きを変えても一定量しかでてこないのが、すごく使いやすい。これなら価格が高いのも納得です。

Trudeau(トゥルードゥー) ドリップレスオイルボトル

洗いづらいところがマイナスポイントですが、キュキュット クリア泡スプレー を使えば簡単に洗えそう。

[関連記事]
液だれしないオイルボトルを探す【失敗編】
液だれしないオイルボトルを探す【セリアのオイルボトル】
液だれしないオイルボトルを探す【iwakiのフタ付きオイル差し】
液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレスオイルボトル】
液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレススパウト】