IKEAとニトリのフォトフレームを購入、壁掛け方法で悩む

今までは、リビングにあるチェストの上にフォトフレームを並べて飾っていたのですが、思い切って壁に飾ることにしました。壁に穴をあけることに抵抗があったのですが、今は壁穴が目立たないフックもあるし、チェストの上にフォトフレームを飾るとホコリがたまって掃除が面倒でした。

IKEAとニトリでフォトフレームを購入する

IKEAVIRSERUMのゴールドと白を、ニトリフォトフレーム Nシャビー(2L)を購入しました。もともとあった使えそうフォトフレームとあわせて、合計6つを壁に飾ることにしました。

通常サイズ(L版)のフォトフレームの壁掛け方法

もともと家にあった通常サイズ(L版)のフォトフレームは、ステンレス製の細い釘で固定しました。

L版フォトフレーム

フォトフレームが軽いので、細い釘で十分です。

ステンレス釘

IKEAのフォトフレームの壁掛け方法

VIRSERUMという製品のゴールド(13×18)と白(21×30)を購入しました。

IKEAのフォトフレームは、裏側が硬い厚紙のような素材で出来ています。置いて飾る事はないので、スタンド部品(支え?)を取りました。この部品を取らないと、壁に飾った際に斜めに傾いてしまいます。

スタンド部品を手で何度か動かすと、簡単に金具が折れて取れました。

IKEAのフォトフレーム

壁穴が目立たないフックで固定しました。

壁穴が目立たないフック

ニトリのフォトフレームの壁掛けに苦戦…

かなり苦戦したのが、ニトリのフォトフレームです。購入したのは、フォトフレーム Nシャビー(2L)という製品の青色です。

裏側にみたことない金具が付いていました。いろいろ調べて分かったのですが、どうやらネジ頭部に、直接フォトフレームをひっかけるための金具のようです。

壁にネジを打つとなると、目立つ穴が残りそうです。出来ればネジを使わずにフォトフレームを飾りたいです。

いろいろ考えた結果、フォトフレームとフックに少し手を加えることにしました。

ニトリのフォトフレーム

まずは、金具を一度取り、下にずらして付け直しました。これは壁にフォトフレームを飾った際、フックが見えない様にするためです。もとは、穴が開いている位置に金具が付いていました。

ニトリのフォトフレーム

次に、ペンチで壁穴が目立たないフックの傾きを平たくしました。結構力がいる作業だったので夫に頼みました。

壁穴が目立たないフック

横から見るとこんな感じです。

壁穴が目立たないフック

フォトフレームをひっかけるのに多少のコツがいりますが、一度引っ掛けてしまえば、取ることは滅多にないので、根気よく頑張りました。

Amazonで見つけたこのフックの方が曲げやすそう?

ハイパーフック かけまくり メタルフックS HHT22M-S2

なんとなく思ったこと

フォトフレームのクオリティは、IKEAよりもニトリの方が高いと思いました。

IKEAはデザインが可愛くて好きなのですが、裏側が硬い厚紙のようなもので出来ているので、安っぽい印象です。実際安いのでしょうがないのかもしれませんが…。

ニトリの製品は、裏側もしっかりした素材で作られているので頑丈そうでした。ですが、今回購入したフォトフレーム(Nシャビー)については、裏側の金具をもっと使いやすく変更して欲しいです。