【セラーメイトのワンプッシュ便利びん】液だれしないオイルボトルを探す

主婦が「セラーメイトのワンプッシュ便利びん」を実際に使用して「液だれ」「注ぎやすさ」「洗いやすさ」「詰め替えやすさ」「デザイン」の5項目を5段階評価しました。

※オイルボトルとして使用した際の評価となります。

もくじ

【セラーメイトのワンプッシュ便利びん】商品レビュー

総合18.5点 (25点満点)

  • 液だれ 
    3
  • 注ぎやすさ 
    4
  • 洗いやすさ 
    2
  • 詰め替えやすさ 
    5
  • デザイン 
    4.5
  • 注ぎ口に数滴のオイルが残り、少しだけ液だれする
  • 片手で開閉できるワンプッシュのフタ
  • 液体調味料や粉類にも使用できる
  • 容量が500mlとかなりたっぷり(300mlもあり)
  • 分解するのが少し面倒

液だれ

液だれ 

3

注ぎ口が内側に傾斜していないため、オイルが一滴残ってしまいました。そのままフタを閉めても液漏れはしませんが、数回使うと注ぎ口が少しベタベタします。

セラーメイトのワンプッシュ便利びんの液だれ

そーっと注いだからか、オイルの残量が少ないからか、数回に1回は注ぎ口にオイルが付きます。

注ぎ口の形状はHARIOのドレッシングボトルスリムと似ていますが、HARIOは注ぎ口にオイルが残りません。

注ぎやすさ

注ぎやすさ 

4

セラーメイトのワンプッシュ便利びんの口コミ

フタがワンプッシュで開閉できますが、閉じるのが女性の力だと少し固く感じます。フタが付いているのに片手で注げるのは嬉しいです。

フタを閉めた状態で、横向きや逆さにしても液漏れしませんが、その直後にフタを開けると液漏れします。

冷蔵庫にしまう際には注意してください。

洗いやすさ

洗いやすさ 

2

フタを閉めることができ、容量も500mlとたっぷりあるので、洗う頻度は低くすみますが、分解・組み立て作業が少し面倒です。

セラーメイトのワンプッシュ便利びんの組み立て

ボトルを含め、6個のパーツがあります。

セラーメイトのワンプッシュ便利びんの組み立て

ワイヤーを指でしぼり、フタ止めに入れ込む作業は多少の力が必要になります。洗う頻度は低いとはいえ、ちょっと面倒です。

セラーメイトのワンプッシュ便利びんのデメリット

約1ヶ月オイルボトルとして使用したところ、注ぎ口(パッキン)が変色してしまいました。色が浸みこんでいるようで洗っても落ちません。ちょっと残念です。

詰め替えやすさ

詰め替えやすさ 

5

セラーメイトのワンプッシュ便利びんの口コミ

注ぎ口を外せば、詰め替えは簡単にできます。容量が500mlとかなりたっぷりあるのが嬉しい。1リットルのオイルでも2回の詰め替えですみます。

デザイン

デザイン 

4.5

セラーメイトのワンプッシュ便利びんの口コミ

個人的にはブラックのボトルも欲しいところですが、こんもりとした瓶がレトロで可愛いです。フタは耐熱温度120℃のポリプロピレン樹脂でできているのでしっかりとしています。

日本製(星硝株式会社)なのもポイント高いです。

まとめ

セラーメイトのワンプッシュ便利びんは、ワンプッシュでフタが開閉できるので、片手で注げます。注ぎ口に数滴のオイルが残り、数回使うと少しだけ液だれします。容量が500mlとたっぷりあるので、詰め替え頻度がかなり低くすむのは嬉しいです。

フタと注ぎ口(パッキン)は別売りがあるので長く使うことができ、調味料や粉類にも使えるので、保存容器を揃えることができます。

雨どいクリーニング(5500円〜)が出張料無料「イエコマ」

近所のリフォーム会社の一括見積りができる「リショップナビ」

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる