ニトリ(299円)とドンキ(183円)の「マイクロファイバータオル」を比較してみた

マイクロファイバータオルは、ふわふわとした肌触りが好きで、すぐ乾くというのが洗濯する際にとても助かります。

わが家ではドン・キホーテ(3枚550円)で購入したマイクロファイバータオルを約5年間使用しています。

今回買い替えのタイミングで、ニトリ(1枚299円)のマイクロファイバータオルを購入したので、2つのタオルを比べてみました。

  • タオルの毛の密度や長さ、厚み、手触りは違う?
  • 吸水力が高いのはどっち?
  • 洗濯すると毛が抜ける?
もくじ

ニトリ(299円)とドンキ(183円)のマイクロファイバータオルを比較してみた

ニトリとドンキのマイクロファイバータオルの比較

  • 毛の密度と長さ、厚み、手触りは、ほぼ同じ
  • ニトリのタオルが6g重い
  • 吸水力は、ニトリのタオルが少し高い
  • 洗濯してもタオルの毛は抜けない
  • ドン・キホーテのタオルは、タオル専門の会社が製造

※比較したのは、35×80cmのフェイスタオルにです。価格(税込)や仕様は2021年3月現在のものです。

ニトリのマイクロファイバータオル

ニトリ_マイクロファイバータオルの口コミ

  • 3サイズ:35×80cm、35×120cm、60×120cm
  • 価格(税込):299円、499円、799円
  • 色:グレー、ローズ
  • 素材:ポリエステル85%、ナイロン15%

大きさは3サイズ。フェイスタオル(35×80cm)、スリムバスタオル(35×120cm)、バスタオル(60×120cm)です。

スリムバスタオルは、「フェイスタオル」と同じ幅で「バスタオル」と同じ長さです。洗濯時に省スペースで干せ、バスタオル半分の大きさ。

「はじめの洗濯は毛羽落ち・色落ちがありますが、4・5回洗濯すると少なくなります。」と注意書きに記載されていました。

ドン・キホーテのマイクロファイバータオル

ドンキ_マイクロファイバータオルの口コミ

  • サイズ:35×80cm
  • 価格(税込):3枚セットで550円(1枚約183円)
  • 色:青、緑、ピンク、紫、グレー、茶
  • 素材:ポリエステル85%、ナイロン15%
  • タオル専門の会社が製造している

とにかく価格が安い。3枚セットで550円、1枚約183円です。少し派手な色ですが、グリーンやグレーなら落ち着いた雰囲気です。

実はこのタオル、タオル専門の会社「林株式会社」が製造しています。有名な会社ではありませんが、タオル専門の会社と聞くとすごく安心感があります。

タオルの周りが派手な色のタオルは、ちょっとダサい。でもタオル専門の会社が製造しているなら、安くていいタオルなのかも?

毛の密度と長さ、厚み、手触りは、ほぼ同じ

ニトリとドンキのマイクロファイバータオルの比較

毛の密度と長さ、厚み、手触りはほぼ同じです。

「ふわふわ感が違うかな?」と最初思いましたが、タオルの表と裏で毛の長さが違い、それはどちらも同様でした。

素材はどちらも、ポリエステル85%、ナイロン15%です。

タオルの端の作りの違い

ニトリとドンキのマイクロファイバータオルの比較

ドン・キホーテのタオルは、タオルの端に違う色の糸が使われています。端の部分はドン・キホーテの方が厚みがあり、しっかり作られている印象です。

ニトリのタオルが6g重い

手で持った感覚では同じ重さでしたが、ちゃんと量ってみました。

ニトリ=72g、ドン・キホーテ65gでした。いや、もしかしたらタグの重みかもしれない。タグを切って再度計測。

※ニトリのタグの方が大きいです。

ニトリ=71g、ドン・キホーテ65g

ほんの少しですが、ニトリのタオルが6gの重いという結果になりました。

吸水力は、ニトリのタオルが少し高い

900mlの水を入れた洗面器(左)にタオル入れ、水を吸収後、持ち上げ(10秒)、洗面器(右)に移動させ、洗面器(左)に残った水を量りました。

ニトリのマイクロファイバータオルの吸水力

ニトリのタオルは、140ml残りました。

ドン・キホーテのマイクロファイバータオルの吸水力

ドン・キホーテは、230ml残りました。ニトリのタオルが90ml多く水を吸収しました。

ニトリのタオルの方が6g重かったので、その分、吸水力も少し高いです。

見た目や手触りにはほとんど違いがありませんでしたが、吸水力は、ニトリの方が少し高いという結果になりました。

※多少の誤差があります。3回洗濯後の結果です。

洗濯してもタオルの毛は抜けない

ニトリとドンキのマイクロファイバータオルの比較

5回洗濯後のタオル

どちらのタオルも洗濯時に「ネット使用」と記載がありますが、ネットなしで洗濯しましたが、気になる毛の抜けや色落ちはありませんでした。

マイクロファイバータオルを洗濯する際は、水量を多めに設定し、ネットに入れ、柔軟剤は使用しない方がタオルにはいいそうです。

タオルの洗濯にネット使うの面倒くさい…。

【1ヶ月使用】吸水力などに違いはあるのか?※4月末に更新予定

1ヶ月使用した結果は後日記事にします。

まとめ

  • 毛の密度と長さ、厚み、手触りは、ほぼ同じ
  • ニトリのタオルが6g重い
  • 吸水力は、ニトリのタオルが少し高い
  • 洗濯してもタオルの毛は抜けない
  • ドン・キホーテのタオルは、タオル専門の会社が製造

ドン・キホーテのマイクロファイバータオルは、ちょっとダサい色もありますが、価格が安く、タオル専門の会社が製造している安心のタオルです。

ニトリよりも吸水力が若干劣りますが、とにかく安いのが嬉しい。

ニトリのマイクロファイバータオルは、ドン・キホーテと比べて、ほんの少しですが、重量があり、吸水力も高いという結果になりました。スリムバスタオルは、使いやすい大きさでおすすめです。省スペースで干せるのに男性でも安心のサイズ感です。

結局、どっちを購入するか?

価格差があるのでどちらが「おすすめ」とは決められませんが、

わが家(家族4人)の場合は、約9枚のフェイスタオルが必要になるので、ニトリは、299円×9枚で2691円。ドン・キホーテは、550円×3セットで1650円です。価格差1041円になります。結構大きいです。

わが家では、フェイスタオルは「ドン・キホーテ」、ちょっと大きいのスリムバスタオルなら「ニトリ」で購入しようという結論になりました。

ニトリのスリムバスタオルを「夫用」に購入予定です。

雨どいクリーニング(5500円〜)が出張料無料「イエコマ」

近所のリフォーム会社の一括見積りができる「リショップナビ」

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる