【網戸の張り替えDIY】価格はいくら?うまく張り替えるコツは?網は黒色がおすすめの理由

編戸の張り替えを業者に依頼すると、一枚につき数万円の費用がかかります。自分でやればかなり格安でできます。今回はじめて網戸の張り替えに挑戦した私が、かかった費用とうまく張り替えるコツをご紹介します。

スポンサーリンク

【網戸の張り替えDIY】価格はいくら?うまく張り替えるコツは?

網戸1枚の張り替えにかかった費用は合計728円(ゴムは再利用)で、作業時間は1時間半でした。作業の難易度は「障子の張り替え」と同じくらいです。

必要な道具

網戸の張り替えDIY_ダイソー

<購入した商品>

  • 網戸ローラー (ダイソー)
  • 網戸クリップ (ダイソー)
  • 網 91cm×2m (ホームセンターで398円)

編み戸ローラーや網戸クリップは、ダイソー商品で十分です。

専用カッターは購入を迷いましたが、結局のところ、切れ味の良いカッターを使い、丁寧に作業することで綺麗に仕上がるので必要なかったです。

※網戸のゴムは再利用しました。

網戸の張り替えDIY_道具

<家で用意したもの>

  • カッター (切れ味の良いもの)
  • ヘアピン (先が丸くないもの)
  • クリップ

網戸クリップは数が多い方が作業しやすいので、ダイソーで2つ購入し、あとは家にあるクリップで代用しました。合計8個あれば十分です。

ヘアピンは、網戸の隙間掃除やゴムをはめ込む際に使用しました。なければ細いマイナスドライバーで代用できます。

網は黒色がおすすめの理由

黒色の網は、景色がはっきり見えますが、灰色の網だと景色がぼやけて見えてしまいます。なので、網は黒色をおすすめします。

作業手順

網戸を取り外して作業を開始します。

1、網戸のゴムを取り外す

網戸ゴムの取り外し

ゴムの切れ目にヘアピンを差し込み、ゴムを取り外します。

網戸ゴムの取り外し

2、網戸の掃除

網戸の掃除

古い網を取り外し、ゴムの溝を掃除します。ヘアピンにティッシュを巻き付けて掃除しました。

3、編み戸クリップで網を固定する

網戸の張り替えDIY_クリップ

新しい網を広げ、周りを網戸クリップでとめていきます。合計8箇所とめました。

この時はピンと張らないようにします。網に多少の余裕がないとゴムをはめ込む際に、網戸がゆがみます。

4、編み戸にゴムをはめ込む

ダイソーの網戸ローラー

網戸ローラーを使ってゴムをはめ込んでいきます。

網戸のゴムをはめ込む

角はヘアピンを使います。

網戸のゴムをヘアピンではめ込む

編み戸ローラーで一周はめ込んだら、ゴムが浮いている部分をヘアピンで奥まではめ込みます。この作業をすることで、網がピンと綺麗に張れます。

5、余分な網をカッターで切る

余分な網をカッターで切る

余分な網をカッターで切り取ります。この作業が一番大変でした。

コツは、ゴムぎりぎりのところをカッターで斜めに押さえ(あまり動かさない)、反対の手で網を上に引っ張ります。引きちぎるようなイメージで作業するとうまくいきます。(※写真は左利き)

完成

網戸の張り替えDIY

網戸の張り替えDIY

まとめ

業者に依頼すると数万円するところ、合計728円で網戸の張り替えができました。

切れ味が良いカッターとヘアピンがあると便利です。

室内からは外の景色が見えやすく、外からは室内が見えにくいという網もあります。
>> ダイオ化成 防虫網 銀黒マジックネット はこちらから

インテリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ころりんすまい
タイトルとURLをコピーしました