液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレススパウト】

詰め替えボトルではなく、容器はそのままで、キャップだけを交換できるという商品をみつけました。これなら面倒な詰め替え作業をする必要がありません。ボトルポアラーというんですね。知らなかった…。

気になるのは、どのボトルにもぴったりはまるのか?液だれしないのか?という点です。

Trudeau(トゥルードゥー)製のボトルポアラー、Trudeau ドリップレススパウト を購入しました。オイルボトルは使いやすかったので期待できそうです。

[関連記事]
液だれしないオイルボトルを探す【失敗編】
液だれしないオイルボトルを探す【セリアのオイルボトル】
液だれしないオイルボトルを探す【iwakiのフタ付きオイル差し】
液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレスオイルボトル】
液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレススパウト】

Trudeauのドリップレススパウトを使ってみる

Trudeau(トゥルードゥー)は、1889年にカナダ・モントリールで設立した歴史ある会社で、キッチングッズは、世界75カ国に輸出されています。

ドリップレスオイルボトル は液だれもなく、使いやすいオイルボトルでした。[過去記事参照:液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレスオイルボトル】]

Trudeau(トゥルードゥー) ドリップレスオイルボトル

今回購入したのは、このボトルポアラーです。

Trudeau ドリップレススパウト

色がグレーなのが気になります。できればブラックで揃えたかった。

trudeauのボトルポアラー

キャップが付いていますが、毎回外すのは面倒なので私は使いませんでした。キャップを付ければ衛生的に使えまが、小さいのですぐなくしちゃいそう…。

キュキュット泡スプレーを使って洗う

まずは綺麗に洗います。

trudeauのボトルポアラー

形状から分かるように、スポンジで綺麗に洗うことはできないので、キュキュット クリア泡スプレー を使って洗います。

キュキュット クリア泡スプレー

スプレーして水で洗い流すだけなので、スポンジでは届かない細かい部分まで洗えます。

キャップを外してボトルポアラーを取り付ける

今回試したのは、AJINOMOTOオリーブオイルエクストラバージン(400g瓶)、かどや純正ごま油(300gペットボトル)、昭和エクストラバージンオリーブオイル(600gペットボトル)の3つ。

まずはキャップを外します。

味の素オリーブオイル、かどやごま油、昭和オリーブオイル

あれ、外れない…?

普通のペットボトルキャップのように回せば外れるかと思いきや、なかなか外れません。力づくで外そうとしても、逆に回してもびくともしません。

格闘すること数分…、やっと外れました。

ボトルキャップの外し方

キャップの蓋を開けた状態で、蓋を下にめくり、引きちぎるように外せば取れました。常識なのでしょうか。知らなかったのは私だけ…?

昭和オリーブオイルはキャップが取れない

昭和エクストラバージンオリーブオイルは、キャップの蓋を下に引っ張るとちぎれてしまい、その後どう頑張ってもキャップを外す事ができませんでした。なくなく断念することに…。

味の素オリーブオイルとかどやごま油

ボトル口の直径は、20mmと21mmでしたが、どちらも問題なく取り付けることができました。

液だれもなく、見た目もシンプル

Trudeau(トゥルードゥー) ドリップレスオイルボトル と同じ形状なので、液切れが良く、液だれもほとんどありません。

trudeauボトルポアラーの液だれ

注ぐ際に、ボトルの傾きを変えても一定量のオイルしかでないので、傾き加減を気にせずに使えます。

trudeauのボトルポアラー

こんな風にラベルをはがせば、シンプルでおしゃれになります。色がグレーでもキッチンになじみそう。

まとめ

液だれしないオイルボトルを探し続けてきましたが、詰め替えの手間のないボトルポアラーはとても使いやすい。ただ、キャップを簡単に取り外すことができないボトルがあるので、注意が必要です。

やっぱり毎日使うものなので、使いやすくて、手間のかからない商品に落ち着きます。

Trudeau ドリップレススパウト

[関連記事]
液だれしないオイルボトルを探す【失敗編】
液だれしないオイルボトルを探す【セリアのオイルボトル】
液だれしないオイルボトルを探す【iwakiのフタ付きオイル差し】
液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレスオイルボトル】
液だれしないオイルボトルを探す【Trudeauのドリップレススパウト】